Q&A

Q&A
  確かに高いと感じられる方も多いかと思います。外来診療と比べれば高いのは間違いないです。特に月毎の管理料は24時間の対応の対価としてご負担いただいておりますが、負担がきつくて困るという声もあります。しかし様々な負担軽減制度や払い過ぎの還付制度もあり、負担の上限も設定されております。移動手段によっては通院よりむしろ安くなることも多いです。我々は患者様からいただく自己負担分を勝手にお安くすることは禁じられておりますので割引はできませんが、ご負担に納得いただけるサービスを提供することをお約束いたします。
  当院の訪問可能エリアの目安は半径10Km圏内としておりますが、その周辺においても高速道路利用などで時間短縮することも可能であり、遠方でも条件によってはお受けすることも可能となっております。まずはお気軽にご相談ください。
Q3
  スタッフ紹介をご覧ください。院長の専門分野はありませんが、精神科病院勤務や有床診療所院長経験があり、内科疾患以外にターミナルケアや精神科(特に認知症)や整形外科領域での対応が可能であり、診療科目として「老年内科」を標榜しております。岩本先生は外科専門医として活躍された経験もあり、緩和ケアへの知識も経験も豊富であり、「外科」「緩和ケア内科」も標榜しております。
Q4
  もちろん病院や診療所とは違い、在宅でできる検査や処置の種類は設備の問題もあり限られております。しかし、特殊ではないカテーテル交換や緊急往診での応急処置などの対応は可能でありますし、連携医療機関での検査や処置も可能ですのでご安心ください。
Q5
  状態が悪化したとき、本人やご家族が希望されれば病態にあわせて適切な入院医療機関へ依頼させていただきます。なお、当院は在宅療養支援診療所の連携医療機関として15床を持つ銀杏会診療所がありますので、比較的軽い症状悪化でも空床なら入院が可能です。
Q6
  大病院に通院継続しながらの訪問診療は可能です。病院の先生と連携をとりながら診療致します。当院専門外の場合はかかってもらうことは可能ですが、近くのかかりつけ医に通院しながらの訪問診療はできませんのでご了承ください。
Q7
  当院では移動に係る費用等は患者様よりいただきません。
Q8
  当院は訪問診療の契約を交わした患家・施設への往診は随時行っておりますが、原則として契約のない患家への往診は承っておりませんのでご了承ください。なお、訪問診療となった場合は月に2回以上の訪問を行うこととなっておりますので、月に1回のみの訪問診療契約も現在承っておりません。
Q9
  かかりつけ医からの紹介状で当院へ主治医が変更となることを承諾していただいておりますので、お手数ですがなるべく紹介状をご準備いただきますようよろしくお願い致します。とはいえ諸事情もありいただけないこともあるかと思われますので、なければないなりの対応も可能ですのでまずはご相談ください。
Q10
  24時間いつでも連絡が取れるよう、当院の緊急電話番号から常に医療スタッフへ転送がかかるのはもちろん、万が一出られなくても別の医療スタッフへ転送がかかるよう設定しておりますので、留守番電話にはなりません。当院の医師2名はオンコールを分担しておりますが、当番日以外でも主治医対応が必要な場合には出動するよう準備しております。
Q11
  訪問する時間については診療の緊急性などで変更することがありますので、時間を決めての診療は原則お受けしておりません。診療前には連絡を入れさせていただいておりますので、決められた時間枠の間は自宅にてお待ちください。ご不便おかけいたしますがご協力お願い致します。但し、家族面談や関係者同席など時間を設定することもありますし、事前に連絡いただければ、毎回は難しいですがある程度の時間の都合はつけますのでお気軽にご相談ください。
Q12
  定期的な訪問診療を行っており、状態が徐々に悪化している場合は看取りの際に死因が診断できますので、警察への連絡なしで死亡診断が可能です。死因が推定できない場合や救急車を呼んでしまった場合は当院での死亡診断ができないこともありますので、状態変化があった場合はお早めに当院への連絡を下さいますようよろしくお願い致します。
Q13
  診療に入ってから聞いてみてください。お話するネタがあったほうが信頼関係を築きやすいので、趣味に限らず疾患に関係ないことでも聞いてください。電気機器の調子が悪い時も、直せることがありますのでご相談ください。
   

 

Copyright(c) 2013 Clover Home Medical Care Clinic. All Rights Reserved.